株式投資をするために

私は今年になって株にかなり興味を持つようになりました。それはやはり最近の経済の動きから大企業の株価が軒並み上がっているからです。そうなると今までと違って株式投資を積極的にやる価値が出てきます。ですから私は今年から株取引をやろうと思っています。

 

ですが、それにはひとつ問題があります。それは私があまり株に詳しくないという事です。ですから私はまず自分で株取引をするのではなく、銀行などのプロに任せようと思っています。そうすればどの、銘柄を買えば良いかとかプロの視点で適切に選んでくれると思うからです。ですので今の所は自分では株取引をする予定はないです。

 

ですが、いずれ株をもっと勉強してもっと詳しくなったら株の個人売買もチャレンジしてみようと思います。そのために今は株についてもっと勉強をしようと思っています。

株式投資をするために/アベノミクスと株式投資記事一覧

IT機器やシステムが便利になり過ぎて、株式投資家はマネーゲームとして浮利を負うようになりました。これは株式市場の自殺行為でしかありません。浮利を追うことは個人投資家のあるべき姿ではないと言うのがここでの基本的な考えです。これぞと惚れ込んだ株を長期間保有して配当収入や株式分割のメリットなどを得て、最終的には買値の数倍の売値で処分するのが、理想的な株式投資であると考えます。  株式投資は余裕のある資金...
株式投資には大きく分けて、現物取引、信用取引、デリバティブ取引の3種類があります。ごく一般的に行われているのが現物取引で、株券を安く購入し、高く売却するやり方です。特に投資の初心者は先ず、この現物取引を手始めに、株式投資に慣れ親しみ、次の段階の信用取引、そしてデリバティブ取引に進むのが大きなリスクを回避出来る最適なステップです。それぞれの取引にはルールと言ったものから、証券取引法で禁止されている行...
株式投資を行っている個人投資家は、キャピタルゲインを求めて取引を行っています。個人投資家が求めるキャピタルゲインとは、株式の取引を行って得ることができる売却益になります。取引の買値よりも売値の方が高い場合に、キャピタルゲインを得ることができます。そして、一般的に、キャピタルゲインを得るためには、株価変動の値幅が大きい方が良いとされています。また、値幅の変動が大きい状態のことをボラティリティが高いと...
上場企業は、株式を売買することで資金を得られますが、多くの株主が増えるということで、色んな経営方法などを試したいとき、反対をされてしまう可能性があります。そういった企業がどうしても非上場に戻って、自由な経営をしたいという場合、TOB「株式公開買い付け」を行なって、株を手元に戻そうとします。(買収したい・のっとり目当てなどの時も、TOBは買収したい側に利用されます)このTOBで、ほとんどの株が企業側...
日本でも、金の投資が人気がありますが、金地金などの取引には規制も多くあり、投資としての魅力は低下してしまいます。金地金取引では、書類の提出が必要となるうえ手数料や売値のと買値のレートの悪さがあります。また、消費税も上がるため、金を買う場合のコストもがあがります。金の魅力は、やはり相続対策や、インフレ対策が大きく、日本も借金だらけなため、いつギリシャのようになるリスクもあります。そのため海外で、金の...

このページの先頭へ戻る