株式投資初心者にお勧めは、現物取引です

株式投資には大きく分けて、現物取引、信用取引、デリバティブ取引の3種類があります。ごく一般的に行われているのが現物取引で、株券を安く購入し、高く売却するやり方です。

 

特に投資の初心者は先ず、この現物取引を手始めに、株式投資に慣れ親しみ、次の段階の信用取引、そしてデリバティブ取引に進むのが大きなリスクを回避出来る最適なステップです。それぞれの取引にはルールと言ったものから、証券取引法で禁止されている行為もあります。

 

例えば、現物取引で禁止されているのが、差金決済です。ある銘柄を一日の内に売買して、その得られた差額の利益だけを受け渡す事は出来ません。同じ日の同一銘柄の売買は、それぞれ別決済になります。購入した金額を決済日に支払い、売却した金額を受け取る、これが基本的なルールとなっています。

 

いずれにしましても、習うより慣れろで、現物取引を行う中で徐々に理解する事が出来る様になりますので、心配はいりません。

株式投資初心者にお勧めは、現物取引です/アベノミクスと株式投資関連ページ

株式投資は長期投資が最善
株式投資と株価変動について
非上場に戻った株はどうなる?
なかなか規制が多い金の投資

このページの先頭へ戻る