アベノミクス

ここ数か月のアベノミクス相場。今年4月くらいまでは、本当に右肩上がりで、初心者でもたくさん儲けることができた相場だったと思います。

 

おまけに為替も一気に円安になっていき、輸出株関連はかなり儲かったことでしょう。(FXやってるひとも同じですね)ここでまたお金をつぎ込んでしまった人。5月後半からの相場に翻弄されたのではないでしょうか?

 

いつバブルがはじけてもおかしくない急激なあがりかたをしていたので、下がる下がると思っていたにもかかわらず、買い続けてしまうのが人間です。あっと言う間に資産が目減りしていき、ショックでもしくは信用保証金維持率が悪化し、損切りした人も多いのではないかと思います。

 

しばらく乱高下が続き、最近はまた落ちつきつつありますが、これからどうなるかわかりません。みなさん、株式をはじめいろいろな投資は自己責任です。余裕のある資金で、運用しましょう。

ネット証券会社のメリット

私はネット証券を利用して投資信託をしています。
去年の冬に開始しましたが株式の投資信託と債券型の投資信託を購入しました。
何よりもネット証券会社は手数料が安い事がメリットです。
仕事の合間や夜間でのんびりと過ごしている時でもパソコンや携帯で気軽に購入できます。
株式の投資信託はアベノミクスのおかげで結構儲けることができました。
債券型の投資信託についてはオーストラリアドルの投資信託を購入したのですが
購入した時が円安だったので、あまり儲けることはできませんでした。
今は為替に左右されないヘッジ型投資信託を多数保有しています。
また、投資信託を多く保有しているとポイントが付与されることもメリットです。
そのポイントは1ヶ月に1回ですが保有金額に応じて貰えるのでポイントを利用して買い物をすることもできます。
ちなみに私はポイントは現金に交換しています。

外貨預金は高金利

外貨建てMMFを購入したことがあるでしょうか。
日本は空前の低金利状態、いくら預金しても雀の涙ほども増えません。
ところが海外も同じように低金利なわけではなく、高金利の国も少なくありません。
オーストラリアドルやニュージーランドドルなどは高金利で有名です。
そういう国に預金をすれば高金利で運用ができるのです。
今ではインターネット系銀行などで簡単に外貨預金ができてしまいます。
少額から預金できる銀行もあるので比較的低いハードルではじめることができます。
当然ですが、外貨で運用するということは為替リスクが伴います。
預けた時の為替レートよりも円高方向に為替が動けば、日本の円に買い戻した時に元本を下回るリスクがあるのです。
もちろん外貨として目減りしているわけではないので、為替レートが元に戻るまで日本円に戻さなければいいだけの話です。
なので外貨預金は当面使用しなくても大丈夫な余裕資金で運用するのが望ましいでしょう。


このページの先頭へ戻る